情報発信している人に

メールで質問しても全然返事がこない・・・

 

こんなこと多くないですか??

 

僕もそうでした。

でも返事がほしいから

いろいろ考え改めたら

返事がくるようになりました。

 

 

今日は

返事が来やすくなる方法を

シェアします(^^)

 

 

まずは大前提として知っておくべきこと。

 

情報発信してる人には

毎日のように質問のメールが届きます。

 

そして、その質問に対して

「返事するかしないかは自由」

なのです。

 

何の契約もしてませんからね。

 

僕のメルマガは現在825名の読者がいます。

そんなに多くありません。

 

825人でも毎日のように質問をいただきます。

返事する方もいますし、

返事できない方もいます。

 

 

自分自身が発信者であるから、

返事をもらうコツもわかるのだと思います。

 

 

僕が人に質問をする時のコツ

それは、、、

 

【質問はしない】

【アドバイスは求めない】です。

 

 

 

はぁっ!?

 

 

 

って思ってもらうのが狙いです(^^)

どういうことか。

 

 

僕は、人に質問をする時

○○は○○ですか??教えてください。

△△を△△したい。アドバイスください。

という言い方は決してしません。

 

 

過去は僕もこんな言い方でしたが、

あまりに返事がこないから

改めたんですね。

 

 

なぜ返事がこないのか??

 

その質問や相談が、

「とりあえずやってみましょう」

「ブログ見てください」

という返事しかできない内容なのが

原因です。

 

 

情報発信者は

色んな人から相談を受けて答えて・・・

という経験を積んでいくうちに

質問者のパターンが掴めてきます。

 

 

自分ではまだ何も行動してない。

質問する相手のブログも読んでない。

 

 

そんな人が

こんな質問をする傾向がある。

ってバレてるんですよね(^^;;)

 

 

そしてその傾向の人に丁寧に答えても

結局行動してくれない・・・

お礼すら言ってくれない・・・

という悲しい経験を沢山してます。

 

行動して結果を出してくれそうな質問者

 

or

 

結局なにも行動しないであろう質問者

 

 

限られた時間の中で返事をするとしたら

前者を優先的に選びますよね(^^)

 

 

それに気づき、僕は

「行動して結果を出してくれそうな質問者」

を演出しました。

 

 

行動する前に

どう動けばいいのかわからない・・・

このリスクが気になる・・・

という質問は決してしません。

 

 

情報発信者からしたら

この悩みを解決しても

どうせまた新しく気になることが

できて動けなくて・・・

の繰り返しで結局動けないんでしょ。

とわかっているからです。

 

 

だから僕は

質問する前にまず

やってみることにしました。

 

 

そして、

その行動から得た結果や気づきがあった。

でもまだこれがわからないから

こうやって解決しようと考えている。

 

こんな相談にするようにしました。

 

つまり

○○は○○ですか??教えてください。

△△を△△したい。アドバイスください。

という質問をするところを

 

 

△△を△△したいからこうやってみた。

じゃこんな結果でこんな気付きがあった。

そして○○は○○かなと気になっている。

こうやって解決しようと考えている。

いつも有益な情報発信ありがとう!

また勝手に報告するよ(^^)

 

こんなメールを送ります。

 

決して質問もしていないし、

アドバイスを求めてもいません。

でも、情報発信者からしたら

こっちの方が返事したくなるんです(^^)

 

 

そして

 

 

 

一回メール送っただけで返事がくるなんて

僕は思っちゃいません。

 

 

こんな感じのメールを定期的に送ると

そのうち返事が来るようになります。

 

 

がんばって!と激励したくなったり

方向性がズレてたら

こうした方がいいよ!

とアドバイスをあげたくなるんですね♪

 

 

ヤマタクさんともちょくちょく

連絡を取れるようになったのも

この戦法です。

 

 

自分のセミナーを受けて

成果を出してくれるって

そんなうれしいことはないんですね(^^)

 

だからセミナーを受けてから

勝手に報告メールを定期的に送りました。

 

 

じゃ返事が来るようになり、、、

忘年会に参加してさらに打ち解け、、、

って感じです。

 

 

メールを送っても返事が来ない。

まずは自分が変われば

きっと結果も変わります(^^)

 

自分のアウトプットを改善すれば

同じ時間で作ったメールでも

大きく結果を変えることができるのです。