ユキです(^^)

 

 

先日の続きです♪

今後勝ち残るネットショップの3つのキーワード その1

 

 

今後勝ち残るショップの3つのキーワード

 

「おもてなし」

 

「ストーリー」

 
「リアリティ」

 

こちらについてお話していきます♪

 

 

 

「おもてなし」

この商品を買いたい人は

買う前の不安は何だろう?

他に何が知りたいだろう?

この質問の意図はなんだろう?

こんなことを徹底的に考えます。

 

 

見込み客の不安要素・知的欲求を

解決できる情報・サービスを提供します。

相手の立場になり、

相手の言葉の裏にあるニーズを理解し

的確に応えることが理想です。

 

 

ネットで調べまくり、

本屋で雑誌を読みあさり、

実際にお店に出向き話を聞き

自分で実際に買ってみて顧客心理を知り

 

 

そしてその情報を

コンテンツとしてまとめ

ブログやショップで発信する。

 

 

こんな努力が必要ですよね。

でも努力と思うと、

すごく苦痛ですよね。

楽しむことが継続の秘訣です。

 

 

ファッション好きなら、

上記についてのことは

当たり前で普段からしてますよね。

でも、それを努力とは

思ってないはずです。

 

 

ですので、やっぱり最初は

好きな商材を扱うことが

いいなーと思います。

 

 

僕は一度

乗馬具の価格差に気づき

需要もあることがわかりました。

 

でもやっぱり興味ないので

30分でリサーチを断念しました(^^)

 

 

 

「ストーリー」

ストーリーというと、

商材のストーリーを想像しがちですよね。

 

取り扱うブランドの歴史

ブランドのこだわり

などなど。

 

 

それももちろん必要です。

お店のストーリーも必要です。

 

 

店主とブランドの出会い

店主の商売に対する想い

そのサービスを提供するに至った経緯

店主と顧客とのやりとり

 

 

たとえば店主紹介文には

上記のようなストーリーは

必ず盛り込みます。

 

 

こういったことをWEB上で

発信して伝えるとストーリーになります(^^)

 

 

 

人はストーリーを共有すると

親近感がわき感情移入をします。

 

 

今日知ったばかりの

熱闘甲子園で観たチームの勝ち負けに

人は涙を流すのです。

 

 

 

「リアリティ」

この店主、きれいごと言ってるけど

クチマッチョじゃないの!?

 

そんな疑問を払拭するために

リアリティが必要です。

 

 

自分で自分をアピールするより、

第三者の声が信頼されますね。

 

 

また、

ネットで人間味を出すと

とてもリアリティがでます。

 

 

だから、

お客様の声は手書きでもらったり

ブログで人間味を演出したり

店主の写真はしっかり見せたり

検品の風景を紹介したり

ショップの新着情報は定期的に更新したり、、、

 

 

 

僕はこの3つのキーワードを軸に

ショップ作りをしています(^^)

 

 

そうして色々アイデアを出すと

たくさん施策が挙がります。

 

 

じゃそれを全部したらいいのか?

現実的に無理ですね。

 

 

手間がかかること、

お金がかかること、

これらは後回しします。

 

 

手間もあまり必要なくて、

お金もあまり必要ない、

一言でいうと「楽」なことから

はじめればいいと思います♪

 

 

 

たとえば、これなんかは

手間もあまり必要なくて

お金もあまり必要ない施策の

典型的な例です(^^)

 

これ→http://yuki-01.com/?p=867

 

 
 

【編集後記】

ある企業のWEBマーケティングですが、

無事に顔合わせと提案が終わり

前進しだしました♪

 
 
そのおかげで最近、

和紙についてやたらと調べています。

和紙、、、めっちゃ奥深いです。

おもしろい。