ユキです(^^)

 

 

昨日は「ペルソナ」って考え方を

ご紹介しました。

【ペルソナマーケティング】とは?

 

 

 

で、そのペルソナを

ネットショップにどう落とし込むの??

 

 

 

僕たちは、

モノを売りますよね。

更に言うと

「既にブランドのあるもの」を

売りますよね。

 

 

ほとんどのブランドの場合

世界観は既に構築されています。

その世界観に対して

ファンが集まっています。

 

 

僕たちは、

その世界観が好きな人たちに対して

商売を仕掛けるわけです。

 

 

だから、

そのブランドの世界観が好きな人を

徹底的に理解する必要があります。

 

それが「ペルソナマーケティング」ですね。

 

 

 

ペルソナを設定すると、

そのペルソナがファンになってくれる

人間(店主)を徹底的に演出します。

 

 

「世界観が完成されたブランドのファンが好きな店主」

エゴは全て捨て、

ネット上に1人の人間を創り上げるのですね。

 

 

 

これが僕がいつも言う

「お客様目線」です。

 

 

 

どんな人間を演出しましょう??

 

 

商品知識が豊富なことは

商品の魅力、ブランドの魅力を

詳しく説明できる人間を演出することは

大前提ですね。

 

 

 

でもそれだけでは売れません。

なんでなんで??

 

 

「差別化」ができていないんです。

 

 

 

商品の魅力・ブランドの魅力は

客観的な事実なので、

ネットで調べればいくらでも書けます。

 

 

これだけでは他のサイトと書いてることが

同じなので差別化ができません。

 

 

ここまでしかできない人がほとんどです。

 

 

 

僕のメールを読んでくださるあなたを

この上のステージに引き上げたいわけです。

 

 

差別化できる能力が身に付けば

何やっても売れますからね(^^)

商売の幅はネットショップに限りません。

 

 

 

例えば、

僕はこの一ヶ月でビジネスパートナーが

5人増えました。

 

 

しかも、好きだなーと思う

人たちばっかりが集まってくれました。

 

 

僕が共感して欲しいと思う、

夢があって志があって、

素直に学び実践できる、

当たり前の努力を当たり前でできる、

情熱的な同志です。

 

 

 

また例えば、

この発信をしていることで、

ある方の目に留まり、つい最近、

大きなお仕事のご依頼を受けました。

 

 

ここで結果を出して

更に上のステージに上がろう!!

ウキウキわくわく、楽しみー!!

と思うお仕事です。

(11月中には話せるかな??)

 

 

これも情報発信で

差別化ができていたからですね。

 

 

 

その「差別化」の本質を掴めば

どの商売をしても考え方は同じです。

 

 

 

続きはまた明日(^^)

 

 

 

【編集後記】

パートナーとの打ち合わせや

人と会うために東京に来ています!

 

 

前の会社の後輩宅に

2泊させてもらっています(^^)

 

 

後輩は20代半ばの独身、男真っ盛りです。

 

 

昨日の夜中、後輩宅で

一緒にお酒を飲みテレビを見ながら

「あーこの女優のおっ○い触りたいわー」

「あーこの子たまらん。○○やわー。」

「ユキさん、この子が○○だったら○○します??」

「でもこの子は○首が黒いって噂ですよ」

 

 

男の会話って、ほんとくだらん!!笑

 

 

 

いつも仕事のばっか考えてしまうので、

やっぱこんな息抜きも

必要だよなー楽しいなーと思いながら

下ネタトークばっかりしてました。

 

 

そのまま、酔っぱらって気持ちよく

寝ましたら、、、

 

 

なんかすっごい久々に

すけべな夢を見ました。。。

 

 

 

おかげで今日は朝から

妙にテンションが高いっす!!

息抜きは大事ですね(^^)