【船原徹雄さんと3日間一緒に過ごしてみた】

 

ひょんなきっかけで、船原徹雄さんからお食事にお誘いいただき、

シンガポールまで会いに行ってきました♪

 

 

今までメールでしかやりとりのなかった船原徹雄さん。

初めてお会いする本人はどんな人柄なのか!?!?

 

 

数回に分けてメルマガでシリーズ配信していたものが

とても好評だったのでブログにまとめてみました♪

 

 

↓↓↓↓以下本編↓↓↓↓

 

 

シンガポール初日は、

うろうろっとホテル近くを観光しただけで

疲れ切って10時に寝ました(^^;;)

 

 

2日目は、セントーサ島に行ってみたいし

ゴハンおいしいから引き続き食べ歩きでもいいな!

とりあえず起きてから考えよう!

 

 

 

なんて考えていたら、

大きく計画が狂いだしました。

 

 

しかも、最高の方向に・・・!!

 

 

 

シンガポールで人に会うと言っていたのは

僕の人生を変えるきっかけとなった

船原徹雄さんです。

 

 

船原さんには尊敬と感謝の気持ちがとっても大きくて、

メルマガなどにちょくちょく返信したりしながら

想いを届けてたんですね(^^)

 

 

 

返事くれ!とも、何か教えてくれ!とも

別に言ったことはなくて

何を求めるわけでもなかったのですが、

いつからか船原さんからもたまに

お返事をいただけるようになり、

そしてなんと今回お食事に誘っていただけたのですね。

 

 

「ブログ見てますよー。今度お食事でもどうですか?」って。

 

 

そんなことってあるの!?

直接お礼を伝えられるなんて!!最高!!

ブログ書いててよかったー!!!!

 

 

 

そういうわけでシンガポールに来ています。

 

 

シンガポール3日目にお会いする予定でしたが、

「明日はどうぞよろしく」って感じで2日目にお電話したら

今夜はどうですか??ということになって、、、

 

 

なんか夢みたいな夜でした。

 

 

軽くお酒飲みながら晩ご飯を食べて

僕「おかげさまで独立するまできました!ありがとうございました!直接お礼が言えてとってもうれしいです!」

船原さん「それはそれはよかったですね。独立してからが大変ですよ。頑張ってくださいね(^^)」

みたいな会話をして、

じゃーねー9月末のセミナーでまた会いましょう!

 

みたいな展開なのかなと予想してたのですが・・・

 

 

 

え?ぇえっ!?そんなのうそでしょ・・・これは夢ですか・・・

みたいな展開になってきました。

 

 

 

 

2日目の夜、

まずは高島屋で待ち合わせをして、

船原さんの会社の社員さんも含めて

4人でゴハンを食べに行きました。

 

 

皆さんとシンガポールの住み心地とか

世間話をしながらタイ料理を堪能して、

(シンガポールは食費交通費など生活費は安いですけど、家賃は東京の倍くらいなんですって!1人暮らしで家賃20万円以上は当たり前とのこと、、、)

 

 

ユキはシンガポールどこ観光したか?

という話になり、、、

 

 

シンガポールの代名詞とも言える

マリーナベイサンズもマーライオンも

見てませんー

1人だし別に見る気もないーと言うと、

 

 

それはもったいない!!今から行こう!!

ということになりました。

 

 

タクシーに乗ってマーライオンに移動、

すっごいきれいな夜景の中で水を吐きまくる

マーライオンとご対面しました♪

すぐ後ろにミニマーライオンもいるんですね(^^)

 

 

 

マーライオン自体は、

あぁマーライオンねーくらいの感想なのですが、

そこの夜景には本当に感動しましたね。

めっちゃ綺麗!

 

 

そこら中でカップルがブチュブチュやってました。

まぁそりゃ性解放スイッチが入るのも

わかるなーと思いながら、

 

 

僕は船原徹雄さんの手前、

今にも解放してしまいそうな自分を

必死に抑えていました。笑

 

 

マーライオンでひとしきり写真を撮ったら、

じゃカジノにでも行きましょう!と提案してくださり、

マリーナベイサンズのカジノに行きました。

 

 

 

カジノ初体験!

全部ルールがよくわかりませんでしたが

ブラックジャックだけはできそうだったので挑戦し、

いきなり5連勝して100ドルが倍に!

ちょろいぜ!と思ったら、

そこから10連敗くらいしたのかな?

15分で100ドルが消えました。。。

 

 

「男が負けたままでいいんですか!?シンガポールまできて負けて帰るんですか!?」

という船原徹雄さんの挑発。笑

 

 

「カジノを経験できたことが僕にとっては勝利なんです!」

なんとか挑発を交わし、じゃ出ましょうかーと。

あぁ楽しかった!

こんなとこ1人じゃ来れないしなーいい経験させてもらったー!!

と満足していたところ、

 

 

 

船原徹雄「じゃ次は・・・」

まだ次があるんですかー!?

もう夜中12時くらいですよー!

 

うっひょー!!

 

 

 

 

船原徹雄「じゃ次はうちの近所で飲みましょーか。」

とお誘いくださり、、、

 

 

まだ連れてってくださるんですか!?

もう日が変わってますよーいいんですか!?

 

 

という遠慮を捨てて、

こんなチャンスはない!

是非!と連れてっていただきました。

 

 

飲みながらいろいろ話をして、

お店を出たらもう夜中の1時過ぎに

なっていたと思います。

 

 

本当にありがとうございます!!

めちゃくちゃ楽しかったです!!と、

あぁ今日は最高だったなーと帰ろうと思ってたら、、、

 

 

船原徹雄「うちに泊まってったらいいじゃないですか」

 

 

 

え、えぇ!?!?

こんな野良犬を泊めるって、正気ですか!?!?

そんなん、船原さん宅に泊まれるなんて

そんなうれしいことは、、、

 

でも、本当にいいのかな??

 

 

あまりの展開にさすがに現実味がなくなってしまい、

ついに遠慮スイッチが入ってしまいました(^^;;)

返事するまで10秒くらいかかったと思います。

 

 

 

んんぬぁぁああああ!!

こんなチャンスはない!!

是非!とお宅に泊めていただくことになりました♪

 

 

 

 

・・・思い出しながら書いていますが、

客観的にみてやっぱもうこの辺りから

ウソみたいな展開ですよね。

 

 

夢のような気がしてきました。笑

 

 

 

船原さん宅にはお客さん用の寝室があり、

気持ちくて大きいベッドでぐっすり眠れました♪

 

 

「最高の思い出ありがとうございます!!」

と帰ろうと考えていたら、

 

 

船原徹雄「朝ご飯食べにマック行きましょう」

行く行くー(>3<)

 

 

朝マックしながら話していて

新しい展開はまだまだ続きます。

 

 

 

船原徹雄「ゴルフするんですか??」

「年2回くらい?最高スコア120?上等です。」

「明日ゴルフしましょうか。」

「じゃ明日は早起きですね。今日もうちに泊まったらいいじゃないですか。」

「僕は今から会社に行くので、夕方また電話くださーい。」

「じゃーねーまた今夜ー」

 

 

 

 

ウソでしょ。。。

即帰って荷物まとめてホテルチェックアウトじゃーい!!

 

 

急いで自分のホテルに帰って

荷物をまとめて、仕事をしてたら

すぐ夕方になり、船原さんにお電話。

 

 

船原徹雄「じゃお家にきてくださーい」

 

 

船原さん宅にスーツケース片手に

転がり込んで、ヒモになった気分です。笑

 

 

荷物を置いたら、

「ゴルフの練習しとかないと。打ちっぱなし行きましょう」

 

 

打ちっぱなしに行って

ナイショー!!

 

 

会社の上司としかゴルフ行ったことなかったので、

こんなに心から気持ちよく

ナイショー!!言えたのははじめてでした。笑

 

 

ゴルフ場で晩ご飯を食べて、

船原さん宅に戻ってまた少し仕事をしてたら

 

 

 

 
またウソみたいな展開です・・・

 

 

 

船原徹雄「今ちょうど、菅野さんからメール来て飲みに誘われてるんですよ。

知ってますか?インフォトップの菅野一勢さん。一緒に行きますか?」

 

 

どどどどどっひゃー!!!!!!!!

 

 

行きます!!

 

 

 

たぶん人によっては、

「ユキ、よくためらわずにそんな場所に乗り込む度胸あるな」

「今の自分のステージでは会えるような人じゃない・・・」

「もっと稼げるようになってから・・・」

こう考える方もいらっしゃると思います。

 

 

もちろん僕も同じこと考えます(^^)

 

 

でも、それじゃいつまで経っても

次のステージには進めないんですよね。

 

 

自分が目指す上のステージの

人達の会話に参加して

次元の違う話をしている・・・

全くついていけない・・

 

 

 

その場にいるのがすっごい苦痛。

こんな心境になります。

 

 

でもその苦痛な状態って、

実は急速に進化している瞬間なんですよね。

 

 

新しい知識・新しい思考・新しい価値観・・・

一気に吸収しようとして

ムリムリムリムリ!!僕のキャパ考えて!!

脳が拒絶反応を示しているんです。

 

 

その拒絶反応を示してる瞬間は

進化してるんだ!と

ポジティブに捉えられると

なんでも楽しめちゃいますよね♪

脳もその気になって120%の力を発揮します。

 

 

 

船原徹雄さんからお食事に誘っていただくチャンス

 

菅野一勢さんが飲んでいるところにお邪魔するチャンス

 

 

こんなチャンスは不意に訪れるんですよね。

正直、頭の中はパニックですよ。

 

 

あっ、えっ、いや、、、えっと、、、

僕はちょっと、、、

 

 

こんなんじゃ、チャンスは逃げちゃいます。

二度と訪れないかもしれない。

 

 

このチャンスを掴むには、

即答することが必須条件です。

だから普段から心の習慣が必要なんですね(^^)

 

 

 

 

そういうわけで

菅野一勢さんが飲んでいるという

カラオケに連れて行っていただきました!!

(シンガポールのカラオケというと女性がいるお店が主流のようですが、普通の日本風カラオケでした^^)

 

 

 

ドキドキドキドキドキドキ・・・

 

 

そんな僕の心境を察してか、行きのタクシーの中で

船原徹雄「菅野一勢さんと電話した感じ、べろべろなんで全く緊張することないですよ。笑」

 

 

そうは言ってもーという間に着きました。

部屋に入った時、菅野一勢さんは

レミオロメンの粉雪を

満面の笑みで熱唱していました。

 

 

顔と体の動きから、

べろべろなのは一目でわかりました。笑

 

 

他にもお2人いらっしゃって、

日本でエステを20店舗経営してるお兄さん・・・

決済システムの会社を経営してる超色黒のお兄さん・・・

 

 

おぉ、、、想像以上に異次元じゃねーか。

 

 

こんな方々が、満面の笑みで

めっちゃ盛り上がってます。

 

 

次元がちがう人たちも

普通にカラオケでお酒ぐいぐい飲んで

タンバリン叩いて盛り上がってるんだ!!

ちょっと衝撃でした。笑

 

 

 

船原さんが僕のことを皆さんに

簡単に紹介してくださり、

よろしくーって歓迎してくださり、

 

 

じゃとりあえず歌っちゃいなよ♪って。

 

 

 

おぉぉぉ、、、

おれは今、シラフでしかも

完全に萎縮してる真っ最中だぜ。

 

 

こんな場面でいきなり歌うなんて、

この縮み上がったち○こを見せる方が

まだ楽だぜ。。。

 

 

 

・・・この世は美しく残酷だ。

歌わなければ勝てない。

歌え!歌え!歌え!歌え!

(進撃の巨人にハマってます。笑)

 

 

僕はこういうときのために、

迷いなくすぐ曲を入れられるよう

必ず一発目に歌う曲を決めています。

 

 

 

それは、、、

 

 

 

TOKIOの、、、、

 

 

 

“LOVE YOU ONLY”

 

 

 

 

ビールを一気に飲み干し、

 

 

いっけぇぇぇえええ!!!!

 

 

 

♪君がー(君がー)アツい恋をするならー♪

 

 

 

めっちゃ緊張の中、歌いましたよー

 

 

じゃあ、次元の違うお兄さん方が

タンバリン叩いてくださる・・・

コーラスしてくださる・・・

めっちゃ盛り上げてくださるやーん!!感動!!

 

 

「これTOKIOのデビュー曲でしょ!古くない!?」

「20代ならラップじゃないの!?」

なんていじっていただきながら

なんとか歌い切りました。

 

 

 

それからは、

お酒飲んでタンバリン叩いて一緒に歌ってー

という感じで、すっごい楽しかったです。

 

 

 

べろべろの菅野一勢さん、何回説明しても

僕が誰だかよくわかってないんです。笑

毎回、満面の笑みで

「おまえ誰だよー♪」

「ふーん。まぁ、よろしくねー♪」という感じです。

イメージ通りの優しい軽いお兄ちゃんですね(^^)

 

 

 

そんな菅野一勢さんに、

「おまえタバコ吸うの?」と聞かれ。

 

ハイ!

「外に吸いにいこうよ」

ハイ!

 

 

 

なんと2人きりでタバコを吸いにいって

そこから30分くらいお話しました。

仕事のこと、家族のこと、将来のこと、移住のこと、

色んなお話をしました。

 

 

今までの人生を振り返り、

害しかないタバコ吸っててよかった!と思う

一番の出来事でしたね。笑

 

 

 

 

次元の違う方々とのカラオケ宴会も

夜中2時頃まで続き、

最後の方は全員べろべろです。

 

 

歌いまくって

タンバリン叩きまくって、

すっごく楽しかったです♪

 

 

うる覚えですが、船原徹雄さんと

スピッツ「ロビンソン」を

デュエットした記憶が・・・笑

 

 

2時過ぎに帰って来て、、、

 

 

明日は7時半には起きてゴルフだー!!

大丈夫か!?起きれるかー!?

 

 

 

翌朝・・・

なんとか起きれました。

船原さん起きて来ないな。

 

 

・・・すっごい眠そうな顔で

起きて来られました。

 

 

とりあえず着替えてタクシー乗って移動!

 

 

年に2回くらいしかしないゴルフ。

約10ヶ月ぶりくらいのゴルフ。

船原さんとのゴルフ・・・

もう散々でした・・・(笑)

 

 

 

 

第一ホール、いっきまーす!!

ドライバー、力を抜いて、、、

おぉ!!とりあえず前飛んでった!!

2打目ウッド、力を抜いて、、、

おぉ!まぁ右寄りやけど前には飛んでった!

 

 

さぁ〜3打目!!と言うところで、

急に大雨です。

シンガポールだから仕方ないですね。

 

 

「プレイは一旦中止して戻ってきてください。」

放送が流れます。

 

 

たまたま同じ組になった

ベトナム人経営者も一緒に

レストランで休憩です。

 

 

このベトナム人のドンさんが

もうめっちゃ陽気でしゃべるしゃべる・・・

すっごくスケベで、

お姉ちゃんの話ばっかする。笑

でもベトナムで広告会社を経営してて

めっちゃお金持ちなんですね。

 

 

ドンさんのスケベな話の相手をしながら、

お腹すいてきたなー

そういや朝ごはん食べてないや。

 

 

朝ゴハンを食べながら、

 

 

ユキ「雨止まないですねー。このままプレイできなかったらお金17ホール分のお金が返ってくるんですか??」

船原徹雄「一切返ってこないですよ。このまま中止になったら、一打1万円の高級ゴルフですね。笑」

 

 

 

・・・ウソでしょ!?

雨ー頼むー止んでくれー!!

 

 

 

でも、一打一万円のゴルフって、

それはそれでおもしろいな♪

 

 

なんて考えてるうちに

雨が止んでくれて再開です(^^)

 

 

ヘタクソなりにまぁ前に飛んでくれてるし、

おっ、最高の120を切れるペースじゃないの??

なんて最初は考えていました。

 

 

でも途中から、もう全然ダメ。いつもそうです。

全然前に飛ばない・・・OBばっかりです。

ボールを失くす失くす・・・。

 

 

船原さんからOBはしないコースだと聞いてたのに

どんどんボールを失くします。

更に僕はボールを船原さんから借りてたんですね。

 

 

船原徹雄「このコースでこんなに失くす人いませんよ!?笑」

ユキ「迷走してます・・・ボールは弁償しますので(汗)」

船原徹雄「弁償なんていいですよ笑」

ユキ「します!!これいくらですか??」

船原徹雄「結構高いですよーたぶん一球400円くらいするんじゃないですかね。」

ユキ「おぉぉぉぉ・・・すき家でねぎ玉牛丼食べてお釣り出るじゃないですか・・・」

船原徹雄「いいですから気にしないで笑。さぁリラックスしてー」

 

 

ハーフ終わって5球くらい失くしてたんですね(下手)

弁償はもちろんする!!

でもまたOBしたら、ねぎ玉牛丼+20円を

ドブに捨てるようなもんや・・・

そんな無駄なお金の使い方は

商売人根性が許しません・・・

 

 

そのプレッシャーで、

更に勢いを増してOBします笑

後半の出足は、たぶん毎ホール失くすくらいの勢い・・・

何しても、一番ダメなとこに飛んでいきます。

 

 

やばいやばい・・・

うまく笑えない・・・

リラックスリラックス・・・

でもだめだ・・・

 

 

15ホールで10球くらい失くしました(^^;;)

もう、僕のせいで完全に足を引っ張ってるし、

完全な悪循環・・・

試行錯誤しているうちに終盤、

ついに前に飛ぶようになりました!

修正点は「腕を伸ばすことを意識する」笑

 

 

これでなんとか、

終盤はボールを失くさずに済みました。

 

 

 

船原さんは徳の高い方なので

ずっと穏やかなのですが、

船原さんの足を思いっきり引っ張りながら

ゴルフをするってのは・・・

暑いのか脂汗なのかよくわからなかったですね(^^;;)

 

 

たまたま全く同じボールがゴルフ場に売ってて

無事に弁償もできて一安心!

 

 

 

帰宅して、ゴハン食べてちょっと仕事して

昼寝なんかもしちゃって

ついに日本に帰る時間が迫ってきました・・・

 

 

 

帰りの空港に向かう前に、

ユキ「あーお土産買うの忘れてた!空港で買ったらいいかー」

と言ってると、

空港は高いからと、

近所のスーパーに連れてってくださり

最後までとにかく親切に

接してくださいました。

 

 

 

ご好意に甘えているうちに

あの船原徹雄さんと3日間も一緒に

過ごしました。

 

 

 

僕の人生を変えるきっかけをくれた人

憧れ続けている人

追いかけ続けている人・・・

 

 

 

そんな船原徹雄さんは

驚くほど穏やかで思いやりがあって謙虚で礼儀正しくて家族を愛していて・・・

 

 

 

感謝の気持ち、憧れの気持ちは

今までとは比べ物にならないです。

 

 

 

3日間で船原さんと仕事の話は

ほとんどしていないんですね。

3日間でたぶん10分くらい。

 

 

商売の相談しようとか、ノウハウもらおうとか、なんとか引っ張り上げてもらおうとか

そんなつもりは一切ありませんでした。

 

 

 

仕事の相談なんて、

ほとんどは自分で答えを

出しているはずなんです。

その後押しをもらうだけのことでしょう。

 

 

ノウハウをもしもらえても、

思考の次元が船原さんに

到底及ばないのであれば

再現できないでしょう。

 

 

口達者に

うまく引っ張り上げてもらえても

自分に力が足りなければ

すぐにボロが出るでしょう。

 

 

 

船原さんと一緒に過ごせる時間は

限られているんです。

一緒に居れるからこそ得られるものに

集中したいんです。

 

 

 

じゃ船原徹雄さんから何を得たかったのか。

何考えてんの??ってことを知りたかったんです。

 

 

馬鹿にしてるんじゃないですよ。笑

 

 

 

僕はとにかく世間話がしたかったんです。

船原さんの思考の軸を掴みたかったんです。

船原さんが見ている世界を感じたかったんです。

 

 

 

実際に会わないとわからない、

オーラ・空気感という感覚的な部分に

集中していました。

 

 

船原徹雄さんと世間話をすることで

あらゆる物事への考え方が掴めます。

次元の違う方が存在するステージを

鮮明にイメージできました。

 

 

そのステージに辿り着く

道筋も見えた気がします。

 

 

船原さんがやってきたことを

そのまんま真似したらいい!

と言ってるわけではないんです。

 

 

 

僕は僕です。

僕の道があります。

 

 

 

ただ、その道を突き進むのに

何度も岐路に立たされるわけです。

 

 

 

「その時はこんな考えで行動を選択すればいいんだよ」

自分の人生を掴むための本質を教わりました。

 

 

 

本当に本当に感謝しています。

 

 

帰りの飛行機の中で、

どうしたら恩返しができるんだろう??

ずっと考えていました。

 

 

(あっ、思い出が美化されてる!

思い返せばずっと寝てました!笑)

 

 

 

考えたんですけど、

至った結論はすごくシンプルでした。

 

 

まずは僕が夢を叶えること。

最優先の恩返しです。

 

 

 

そして

志を成すこと。

過去の僕のような、人生に悩み苦しむ方に

輝く人生を提供することです。

 

 

 
その為に僕は日々精進します。

 

 

 

「すべてに感謝し、よく笑い、のんびりと、情熱的な人生を歩む。」

 

 

 

こんなことを教えてもらった

シンガポールの旅でした。

 

 

 

———-完———-