2017年もなんだかんだ40%を過ぎようとしてます。
一年の中で一番ふわふわしがちな時期です(僕だけ?) 
 
ビジネスやってると、
次々と新しいことをやりたくなりますよね。
 
でも実は新しいビジネスをやって
成功する確率ってとても低いんです。
 
 
今マレーシアで一緒にビジネスをしている
先輩経営者の言葉で印象に残っているのが
 
「新規ビジネスなんて千三つだ」
 
つまり、1000個やって大当たりは3つだと。 
 
「だからダメならスパッと止める決断が重要。
それでも宝くじよりは圧倒的に可能性高いよね。
何より起業家としてワクワクするから止められない…」 
 
なんだか、か、カッコいい・・・
 
僕も10年後20年後に同じことを言いたい。
 
 
というわけで新規ビジネスって
やる前は成功すると思い込んでやるんですが、
失敗する確率の方が圧倒的に高いんですね。
 
でも
できるだけ成功する確率を上げたいですよね。 
 
 
新規ビジネスが成功しやすい2つの条件
というのがあります。
 
僕はいつもこれを思い出して
新しい挑戦をする時は自問しています。 
 
【新規ビジネスが成功しやすい2つの条件】
1 既存のリソースを新規ビジネスに有効活用できる
2 新規ビジネスをすることで既存のビジネスを助けることができる 
 
 
例えば僕のビジネスのメインは
ネットショップ運営とコンテンツ販売(スクール運営)です。
 
ネットショップ運営をして実績を作ってから
コンテンツ販売を新規ビジネスとして始めました。
 
これはまさしく
新規ビジネスが成功しやすい2つの条件に
当てはまってます。
 
ネットショップ運営のノウハウを
そのままリソースとしてコンテンツ販売ができます。
 
またコンテンツ販売をすることで
まずネット物販の資金繰りを助けることができます。 
(コンテンツ販売はキャッシュフローがめちゃいい)
 
またスクール運営をしていると
生徒さんの成功事例も集まり、
どんどん新しい情報も入ってきます。
 
それを元に自分のネットショップも
更にブラッシュアップができますよね。
 
 
上記の2つの条件に加えて、
僕が強く意識していることが更に2つ。 
 
1つは加藤順彦さんの著書
『若者よアジアのウミガメとなれ』
http://amzn.to/2qs6FaL

 こちらより一部抜粋。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<成長の尻馬に乗ること、それ以上に大事なことはない>

つまり、ベンチャーにとって、あるいは新しい商売をつくる
という観点において大事なのは成長の尻馬に乗ることなんですね。

皆さんが頑張ることではありません。
伸びる業界を見つける、ということが一番大事。

ある意味、これ以上に大事なことはないんですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
2つ目は、知人のマレーシアの先輩経営者の
ある日のFacebookでの投稿を一部抜粋。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
楽して勝てる領域を、
誰よりも苦労して探し出すのがマーケッターとしての
経営者の仕事だと感じました。
 
そして、その領域で誰にも負けない努力をする組織づくりが、
運営者としての経営者の仕事だと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
これを読んだ時に、すごい響くものがありました。
本当にその通りだなと。 
 
 
だから最近僕が足を動かしながら
LAZADA参入であったり、
中国輸入の新しい商材の準備をしだしてるのは
「これはまさに成長の尻馬やで!」
とか
「この商材は楽に勝てるで!これで勝ちパターン作ったらすごいで!」 
みたいな仮説の元に進めてます。
 
でも、まだまだ起業6年目の僕が
成功する新規事業の条件を
正確に精度高く選ぶことなんて
到底無理だとも思っています。
 
ただ、
自分なりにリサーチして考えて仮説を持って選択して 
行動して検証することが最重要だと思ってます。 
 
何より起業家としてワクワクするから止められないですね。
(早くも言ってしもた!)
 
 
【あとがき】 
風邪を引きそうな時、
有酸素運動ってめちゃ効きますね!
 
あれ、喉が痛い。。。
鼻が詰まってる。。。
みたいな時に、
元気を振り絞って
ウォーキングなりジョギングで
じんわり汗をかいて体を温めるんです。
 
最初は気持ち的にしんどいんですが
30分くらい経ったら 
普段の健康体に戻ってます。 
 
個人的には
風邪薬飲むとかより断然効果あります。
 
次回体調崩しそうになったら、 
騙されたと思ってぜひ!