2歳の娘がSTRIDER日に日に乗りこなしていて
なんで子供はこんなに成長早いのかな、
大人でもこのスピード感で成長するにはどうすればと、
ボーッと考えていました。
 
※STRIDERわからない方は
あとがきで説明しています。 
 
 
大人と子供の決定的な差は2つ
行動力と好奇心だと思います。  
 
じゃ、なんで行動力と好奇心に
差が生まれてしまうのかと考えたら、
子供は素直で純粋なのに対して、
大人はネガティブな思考が行動力と好奇心の
ジャマをしているんだと思います。 
 
 
ネットショップスクールを運営しながら
実感していることが、
 
多くの大人が
今できないこと、
わからないことに対して
ネガティブな感情を持ちすぎだと
感じます。 
 
大人になるまでにできなかった、
わからなかったことは
「ずっとできない」
もしくは
「とっても難しい」と
錯覚してる感じ。 
 
子供だって自転車を乗りこなすまで
何回もコケて怪我しますよね。
それでも乗れるようになりたいから、
乗れるようになったら
すごい遠くまで速く行けるようになるから、
コケながらもチャレンジするわけです。 
 
 
ネットショップも同じで
最初はわからないことだらけだし、
小さな失敗もたくさんします。   
 
当たり前です。 
 
当たり前のことなのに小さな失敗に対して
ネガティブな感情を持ってしまうんです。 
 
ネットショップなんてやったことない!
HTMLコードなんて見たことない!
だから難しいに違いない! 
 
あーやっぱりわからない!
あーデザイン崩れた!もうダメだ!
 
だからしんどくなるし、 
諦めやすくなるんですよね。 
 
 
ただのおまじないかもしれないけど、
たぶん脳ってそんなもんで、
「難しい、できない」と思えば難しくなるし
できないんです。
「簡単、きっとできる」と思えば簡単になるし
できるんです。
 
つまずくたびに
ネガティブな感情を持ってたら
ほんとはできることでもできなくなるから
とても勿体ないと思います。
 
 
僕の場合は、
「ネットショップ?やってる人が日本に100万人くらいいるでしょ。じゃ俺もできるっしょ!」 
「HTML?学生のアルバイトができてるでしょ。じゃ俺もできるっしょ!」 
 
自分は普通の人間であるという自信があり、
普通の人ができてることなら俺もできるっしょ!
という考えです。
 
もちろんたくさん躓きます。 
そもそも躓くのは当たり前、
ネガティブにならずに、
「じゃ、これができるようになればまた一歩前進じゃん!」
と前向きに捉える思考の習慣です。 
 
 
いまやってる東南アジア物販は初めてのことだらけ、 
LAZADAは商品登録ひとつで躓きまくりです。
驚くほどぜんぜん登録できない!
エラーだらけです。Amazonとは大違い。
 
でも、できるようになったら、
あんなことやこんなことが・・・
むふふふふふ・・・
というモチベーションでスタッフと一緒に頑張っています。  
 
 
 
新しいことに挑戦して躓いた時は 
「簡単、簡単、簡単♪」と三回
おまじないを唱えてみてください。
 
ほんと不思議なもので、
簡単になりますから(^^) 
 
 
 
【あとがき】
ちなみにSTRIDERとは、
車輪のついてない自転車です。
コレ
https://goo.gl/LcL9j2
STRIDERはマーケティングすごいですよね。
レースを主催したり、
カスタムの提案をしたり、
親の心をがっちり掴んでる。
youtubeをめちゃ有効活用してますね。
 
PVも親のハートをがっちり掴みにきてますよね。
 
このPVを見たら、
どの親でも買ってあげたくなるでしょう!
https://youtu.be/R_P6tyX2GCI

イメージソングを歌ってるのが
奇妙礼太郎というのも
パパ心をめちゃくすぐられますね♪