50歳以下の僕らは2人に1人が100歳まで生きて
80歳まで働くみたいです。
75年間にも及ぶ研究結果、人生の幸せは金でも名誉でもなく、
 
満たされた人間関係に尽きるそうです。
 
80歳になって健康で幸せな人は 
50歳時点のコレステロール値とはなんの関連性もなく
50歳までに良い人間関係を築けた人だそうです。
 
参考はこちら

『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略』
http://amzn.to/2jvrWtC

『TED動画: 人生を幸せにするのは何?最も長期に渡る幸福の研究から』
http://digitalcast.jp/v/23938/

 

経営者1年生まっしぐらの僕は 
あるべき経営者、上司って?と 
めちゃくちゃ考えてます。
 
うちの会社、
今のままじゃあかん気がする。
漠然とした危機感があって。
 
 
なんかヒントないかなーと本いっぱい買って
毎日読んでたんですが、  
結局、
夜に犬と1時間ジョギングしたのが
前向きになり頭スッキリして一番効果ありました。 
 
「経営者がやるべきことをやれ!」
結論はそれだけでした。
 
 
経営やマネジメントに関する本、
どの本を読んでも大体同じこと書いてますよね。
 
社員はね、
こうすればモチベーション上がるよ。
こうすれば自分で考えて行動するよ。 
こうすれば成長するよ。
こうすれば仕事を楽しんでくれるよ。
こうすれば社長を尊敬してくれるよ。
 
やるべきことはわかってるけど、
僕はできてないんです。
  
シャイで天邪鬼でめんどくさがりだし、
新しいことをするのは腰が重いから。
 
 
松下幸之助さん、立派だよ。
その通りだよ。
 
でも僕はそんな立派じゃないんだよ。 
 
シャイで天邪鬼でめんどくさがりな経営者でも
社員が自律してどんどん売上を増やす、
最高の組織を作れる方法を教えてくれよ。
 
そんなことを考えてウンウン悩んで
たくさん本を読んでました。  
 
まるで、
一日3クリックで月収100万円!
みたいなノウハウを
一生懸命探してるのと同じ状態でした。 
 
 
僕は相手に変わってもらうことしか
考えてなかったんです。
  
自分が変わることを考えてなかった。 
 
自分は変わらないけど、
念じてれば良くなるだろうと、
自分は魔法使いだと勘違いしてたみたいです。 
 
やるべきことはわかった!
少しずつ着実に。 
 
 
50歳以下の僕達は100歳まで生きて、
80歳まで働くのが普通になるそうです。
 
80歳までの間で
劇的に仕事内容が変わったり
複数の肩書きを持つのが
普通の人生だそうです。
 
銀行マンからセミナー講師になったり、 
漫才師であり絵本作家でもあるとか。
 
そして
僕達の今の仕事の8割は
コンピュータに取って代わられ、
10年後には僕達の8割は転職を迫られます。  
 
コンピュータとAIが進化した時、
僕らは人間にしかできないことで
差別化できなければ職を失います。
 
0から1を生み出す実行力、
心を動かす創造力企画力、
人を惹きつける人間力、
人と人を繋げる人脈、
コミュニケーション能力、
共感力、
人材育成、
リーダーシップ、
クリエイティビティ、
経営手腕、


 
こんなスキルを磨けば
AIと差別化できて
10年後も重宝されるみたいです。 
  
 
いま僕は経営者1年生で、
全然思い通りに進まない、
部下が言ったことをやってくれてない、
これくらい自分で考えてくれよ、
 
あぁ経営者ってしんどいなー!
って思ってました。 
 
いやいや
違いますよね。
  
これって経営者だけの悩みじゃない。
 
どんな小さい組織であろうが
何歳であろうが
「リーダー」になれば持つ悩みです。
 
人によっては
小学生の頃からこれで悩んで涙し
乗り越え成長してますよね。
 
僕は30歳過ぎるまで
リーダー経験なしです。   
  
それまでの人生で最高上り詰めたのが
小学校のソフトボールチームで
副キャプテンになったことかな。 
 
副キャプの主な役割は 
キャプテンのキャッチボールの相手でした笑 
 
結局、
今の悩みは経営者の悩みじゃなくて、
キャリアアップしたいなら
管理職になるなら
必ず誰もが通り過ぎる悩みです。 
 
一般的な社会人は30歳を過ぎれば
何かしらリーダーを任されるのが相場ですよね。
 
年相応の悩みを持ってるってだけの話。  
 
起業してしまったから、
マレーシアに来てしまったから
なんか自分だけ特別苦しんでると
勘違いしてました。
 
そう考えると、
経営者を選んで良かったと思います。
 
だって、
自分の思うようにできるし、
自分は嫌だけど上の方針で、、、
みたいなこともないし
自由です。
 
全ての責任は自分にかかりリスク大きいし
自由すぎて大海原を彷徨ってる感もあるけど、
それでもリーダーやるなら
中間管理職よりオーナー社長の方が
僕は幸せだと感じます。
 
そうか僕は今
80歳まで社会に必要とされ
幸せに働けるようになろうとしてるのか!
 
ビジネスを通して得られる達成感は最高です。
それが80歳まで得られるのか。
そう考えるとワクワクします。
 
 
でももしかすると
僕は経営者には向いてないかもしれません。
 
まずは数年かけて
1万時間経営者やってみてから考えよう!
  
 
【あとがき1】
冒頭で紹介した本、
これ読んで!と
両親にプレゼントしました。

 『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略』
http://amzn.to/2jvrWtC

2050年の日本は
100歳以上の人口が100万人を 
突破するそうです。
 
2017年の今、
65歳以上の人口は350万人です。  
 
今の65歳以上の3人に1人は 
100歳まで生きるみたいです。 
 
61歳の母親に伝えたら、
「80歳で死ぬもんやと思って
あと20年パパと仲良くできればとだけ考えてたけど、
100歳まで生きるつもりで、今すること真面目に考えなあかんわ!」 
 
多分
今の60代70代の人って同じように考えてますよね。
100歳まで生きるもんだと思って
僕たち子供世代も準備しとかないとですね! 
 
僕らの世代は、
70歳80歳から起業するとか
夫婦で世界一周旅行に行くとか
そんな選択する人が増えるそうです。
 
たしかに100歳まで生きるとしたら、
70歳80歳って
今の50歳60歳みたいなもんか。
めちゃ若いもんね。
余裕で世界一周旅行できるな。 
 
この本はわかりやすく人生観変わりますよ。 
老若男女どの世代も読むべき。
 
【あとがき2】
これはただの雑学かもですが、
1900年のインド人の平均寿命は 
24歳だったんですって。めちゃびっくり。
1950年でも32歳。
今は66歳です。 
 
ちなみに日本は、
1900年で44歳、1950年で61歳、
今は83歳です。