在庫は罪庫。持ったらあかん!
事務所とかいらん。自宅での一室で十分!
社員は雇わん。外注の方が効率がいい!
 
 
5年前に通販ビジネスを始めたころ、
僕は上記のように考えてました。 
実際にそうしてました。
 
自宅の一室で、ほぼ無在庫で、
在宅のパートナーさんとオンラインでやりとりしながら
通販サイトを運営してました。
 
 
今では全く逆で 
ごりごり在庫持ってるし、 
事務所も構えていて
人の雇用もしています。
 
この1年で考えと環境が
一気に変わりました。
 
 
今になって 
在庫持って事務所借りて人を雇用すること、
無在庫、自宅の一室、1人ビジネスにこだわること、
どっちが正しいのかなと考えてみたことがあります。
 
考えた結果、
どっちも正しいよなーと思います。 
 
結局は
「目標を達成するのに最適なリスクを取ること」が
一番重要なんですよね。 
 
 
適正なリスクという観点では、

年商10億円を目指してるのに、
無在庫、自宅の一室、ひとりビジネスに
こだわることは間違いだし、
 
逆に
副業で月10万円の利益が欲しいのに
人を雇用して事務所構えるのは
間違いだと思います。 
 
 
自分のビジネスをどれほどの規模にしたいのか?
それ次第です。
 
年商1000万円
年間の利益で100〜200万円 
副業であったり、
家計のプラスになればという考えだったら
在庫リスクを負わなくても、 
自分1人の作業でも十分可能です。 
 
 
年商1億円以上を目指すなら、
在庫リスクや人を雇用する(外注含む)のは
必須になってきます。
 
どれくらいの規模かによって、 
どれほどのリスクを取る必要があるかが
決まってきます。 
  
 
今まで取ったことない、
特にお金を必要とするリスクを取る時は
ストレスも伴います。
 
僕も今では
それなりのリスクを取ってますが、
今まではリスク大嫌いでした。
 
在庫も持ちたくないし、
事務所とか固定費増やしたくないし、
社員を雇うなんてコワすぎる! 
 
少しずつ少しずつ、
ちょっとずつ無理しながら
3歩進んで2歩戻りながら
5年かけて取れるリスクを増やしてきました。  
 
 
リスクを取るようになってきて
気づいたことは、
今まで【リスク=悪】と思いこんでました。
 
でもそうではなくて、
適正なリスクって正しいし
必要なんです。
 
リスクと上手に付き合うことで
目標とするライフスタイルや収入を
実現するまでの時間を短縮できます。
 
ぜひ今日はちょっとだけ無理して
今まで避けてきたリスクを取ってみてください(^^) 
 
 
【あとがき】 
会社のメンバーみんなで
モリの自宅でバーベキューをしました。
 
総勢11名になりました。
とても賑やかなバーベキューでした。
 
一年前に思い描いた目標を
実現できた瞬間でした。
 
2016年はしんどかった。
 
前半は苦難がつづき
胃も頭も痛くなるし
全て投げ出したくもなったし 
なんでこんなしんどいことやってるんだろうと
何度も自問したけど、
がんばってよかった。
 
少しジーンとしたバーベキューでした。