2017年は東南アジアのネット物販に挑戦しようと
リサーチしてたら、大興奮してきました。
東南アジアごっつチャンスやん。。。  
 
簡単にいうと、
日本のEC市場がばりばり伸びていた
2002年から2010年までの間のECバブルが 
 
東南アジアでは
2016年から2020年の間に起こります。 
  
その頃のことは詳しくないんだけど、
日本では楽天ドリームと言われていた、
楽天に出店する人がばんばん伸びていくような、
その頃のような感じなのかな??
 
これはマクロの数字なのでほぼ確定です。 
 
今やらずにいつやるの! 
 
モリが大興奮した数字を
簡単にご紹介します。
 
【日本のEC市場規模の推移】
2002年 1.5兆円
2006年 4.4兆円
2010年 7.7兆円
2015年 13.8兆円
2020年 20兆円
 
2002年から2006年で3倍に
2002年から2010年の8年間で
5倍に伸びてます。 

2015年から2020年の5年間でも
1.4倍近くの伸びになるので、
日本のECもまだまだ伸びますね。 
 
でもやっぱ
2002年から2010年の伸び率は
すごいですねー! 
 
 
【東南アジアEC市場規模の推移】
2013年 7000億円
2016年 1.8兆円
2020年 6.5兆円
 
※ASEAN6カ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム)の合算
 
この数字の通り、
東南アジアでは
2016年から2020年までの
たった4年間で、  
日本で2002年から2010年の
8年間と同じ伸び方をします。
 
東南アジアは人口も若い世代も経済も
引き続きすごい勢いでどんどん伸びます。
 
おそらく2025年までには
日本の市場規模を追い抜くかと。  
 
すんごい勢いで伸びるんです。 
  
今は東南アジアは物流など
インフラが整ってないから
まだ厳しいと言われてますが、 
おそらくあっという間に整います。 
 
この時流に乗るっきゃないですね!
 
 
東南アジアで日本人としてどうやって
勝負していくのか。
 
中華系の人と同じ戦い方しても
全く勝てる気しないからなー。
 
でも、
日本のECはめちゃレベル高い。 
これはすごい有利だと思う。 
 
模索していきます。

 
東南アジアで新しい挑戦するの
すごいワクワクします。 
 
挑戦ジャンキーになってきました。
 
 
今日は何が言いたいかって、

!まとめ!  
これから10年東南アジアほんと楽しそうです。
やるなら常に今が一番チャンス! 
 
 
【編集後記1】 
東南アジアの中でも
これから数年ダントツ伸びるのか
インドネシア。
 
一年ごとに2倍の伸びです。 
 
市場規模も他の国と比べて
3-4倍。 
 
めっちゃ楽しそう。 
 
バリ島は何度か行ってるけど
ジャカルタは学生時代の旅行で
2日位滞在したことがあるだけなんですよね。 
 
行ってみたい。行こう!
 
 
【編集後記2】 
このサイトは勉強になります。
 
 

「モバイルコマース市場レポート COMMUNE」
http://cmmninc.com/

 

以前から発信し続けてる通り、
これからスマホECが超絶重要で、 
スマホECを中心に
世界中の動向をまとめてくださっています。 
 
ぜひ♪