最近よく僕の元に届くこのお問い合わせ。
「なんかキーワードプランナーが変なんです、、、」
そうですね。改悪されてますね。 
 
————————————— 
キーワードプランナーを簡単に説明すると
「あるキーワードがgoogleで一ヶ月に検索されている回数」
を調べるツールでして、 
 
要は
googleで検索されている
イコール
需要がある
 
ネットショップの商材選定や
ブログ集客をする際に
とっても便利かつ必要です。 
 
 
例えば「グッチ」
一ヶ月で165,000回検索されています。
グッチはめちゃ需要あるということですね。  
 
もう少し細かいワードで掘り下げてみて
「グッチ 財布」なら60,500回
「グッチ 財布 レディース」なら4,400回、 
「グッチ 財布 レディース 新作」なら170回、
 
「グッチ」だけだと競合が多すぎて
検索上位に上げるのはしんどいけど、
「グッチ 財布 レディース 新作」まで掘り下げると
競合の数も減り、

また「新作」って
購買意欲の高いキーワードなので
このキーワードで検索する人に
自分のサイト見つけてもらえたら
買ってもらえる確率も上がります。 
 
こんな感じで関連キーワードを掘り下げながらも
確実に需要のあるキーワードを選定して
商品を登録したりブログを書くことで
集客に繋げることができます。
 
 
googleは 
こんな便利かつ必要なツールを
無料で使わせてくれるのです!
 
 
でも最近増えてるこのお問い合わせ。
 
「なんかキーワードプランナーが変なんです、、、」
そうですね。改悪されてますね。  
 
簡単に言うと、 
キーワードプランナーが教えてくれる検索回数が
めっちゃざっくりになってしまったのです。
 
「グッチ 財布」なら1万〜10万回
「グッチ 財布 レディース」なら1000〜1万回、 
「グッチ 財布 レディース 新作」なら100〜1000回、
といった感じで。 
 
これはかなり不便でして、 
特にネットショップの商材選定の際には
死活問題になります。  
 
1万回と10万回もぜんっぜん違うし、
1000回と1万回もぜんっぜん違うんです。 
 
同じ単価の商材でも
売上10倍くらい変わりますから。 
その商材を選ぶことで狙える売上は
1000万円なのか1億円なのか、
今回の仕様変更でわからなくなってしまいました。
 
 
ただこちら解決策もありまして、
実は、
googleで広告出稿をしている、
もしくは過去に広告出稿をしたことがあれば、
つまりgoogleにお金を払ってれば
今まで通りの細かい数字を見ることができます。 
   
今のところの解決策としては 
google アドワーズでPPC広告を出稿して
(キャンペーンを作成する)
100円でも課金すれば
今まで通りの細かい数字で見れるようです。
 
・・・という解決策が8月まであったんですが!! 
 
9月に入ってからの情報で、
過去に広告出稿してただけで
今は広告出稿してないアカウントも
細かい数字が見れなくなったようです。 
 
いくら課金していれば細かい数字が見れるのか??
現段階ではちょっと不明。 
 
 
とりあえず現状として、
アラマキジャケさんでは今でも
無料で月間検索回数を調べられます。
 


http://aramakijake.jp/

 

 
また新しい情報入れば 
シェアしますね(^^) 
 
 
【あとがき】
インターン生が2名来られて、
マレーシアの事務所はアルバイトさん含め
男性3名女性5名と
賑やかになってきました。
 
2016年秋冬商戦がんばろー!
 
しっかり働いて
しっかり運動して
しっかり寝て 
体調整えましょう。
 
今から愛犬とジョギングして朝ジム行ってきます!