今日のメルマガは
フィレンツェからお届け! 
Pitti Uomoに来ています。 
 
————————————— 
PittiUomoとは、、、
イタリアフィレンツェで開催される
世界最大のメンズアパレル展示会で、
約1200ブランドが出展しています。 
 
毎年1月と6月に開催、
1月はその年の秋冬モデル
6月は次の年の春夏モデル
が展示されています。 
————————————— 
 
結論としては
やっぱり展示会は行かなきゃ
損ですね。 
 
交渉の成約率、
仕入れ値の下がりっぷりが
ケタ違い!
 
 
出展してるブランドも 
取引先を増やすためにきてますから、 
そこに僕たちが出向けば
タイミングばっちりですもんね。  
 
またそのブランドと
直接の卸取引ができますから 
仕入れ値が安くなるのも当然です(^^) 
 
仕入れ値は大体、
海外定価の6-7割引で取引できます。 
つまり
日本定価の7-8割引きになるんです。 
 
一気に利益率を上げるなら 
展示会に参加するのが
一番の近道! 
 
 
僕は2日間参加して、 
20ブランド近く話してきました。 
 
ほとんどのブランドが
前向きなお話ができて、
1ブランドはその場でオーダーして 
他のブランドはこれからメールで
オーダーになります。 
 
大体どのブランドも同じで、
その場ではあまりオーダーを
取ってないんですね。
 
展示ブースには
全部の商品を並べられないから。 
 
この展示会が終わった後に
ブランドのショールームに行って
商品を見ながらオーダーしたり、
メールでカタログと商品リストを
送ってもらってオーダーという流れです。
 
 
ただ注意点としては、
展示会に行き直接取引をすると、
在庫を持ってのビジネスが
前提になります。 
  
【ミニマムオーダー】というのが
あるんですよ。  
 
一回あたり
最低○○円以上は購入してね。
という約束。 
 
これがブランドによってまちまちで 
今回交渉した中で
一番ミニマムが小さいのが約9万円、
一番大きいのが約150万円でした。 
(一回目は小さめからお願いーという交渉も可) 
 
 
またこの1月は
2016年秋冬モデルが並んでいます。
 
新作をオーダーするなら、
納期は6月とか7月です。 
(定番品で在庫があればすぐに納品可) 
 
このあたりのリスクを
どこまで負うか?というのが肝心。
 
 
だから、
僕のオススメとしては
まずは無在庫ネットショップを運営し
そのブランドの売筋を掴んでから
展示会で直接交渉に臨むこと。
 
売れる商品がわかってて
それをオーダーするんですから
リスクはとても小さくなりますね。
 
だから 
今回のピッティウオモのツアーも
参加者はモリが運営するスクール生ばかり
でした。
 
 
無在庫ネットショップで
売れるネットショップのコツを掴んで
その商材の売筋もわかれば
次は展示会でメーカーと直接取引、
在庫をもって利益率の大幅アップ。 
 
無在庫ネットショップの
次のステップとしてオススメですね(^^) 
 
 
余談としては、
PITTI UOMOって
世界中からおしゃれな人達が
集まります。 
 
ほんとね、
ウソみたいにおしゃれ! 
映画で見る人達よりカッコいいし! 
 
みんな目立ちたくて来てるから
写真撮影も快く受けてくれます。 
 
観光としても楽しいですよ♪ 
 
会場や交渉の様子を
ビデオで撮影してるので、
またの機会にシェアしますねー(^^) 
 
 
【あとがき】
展示会での交渉って
やっぱ緊張してると思うんですよ。
 
もうほんと疲れやすくて、
夜はぐったりです。 
とにかく眠い。。。 
 
晩ゴハンを食べている
21時には眠さ限界で、
テーブルで寝てしまいます。 
  
22時とか23時に部屋に帰ってきて
お風呂に入る元気もなくて、
そのまま布団に入り
30秒以内に眠ってますね。 
 
その変わり
朝がめっちゃ早くなって、
2日連続4時起きです。   
 
このメルマガを書いている
今も朝7時、
これが書き終われば今から
朝ご飯を食べて、
アウトレットに行ってきます! 
 
今日は交渉ないから気楽だー♪