ショップが突然売れなくなった。
なぜだ! 
何がダメなんだ!?
  

 
ネットショップ運営していると、 
月によって、週によって、日によって 
売上はもちろん上下します。 
 
順調に売上があがってきたのに、
突然売れなくなったりします。 
 
その時、
理由がわからないので
焦りがちです。
   
アクセス解析してみたら
集客数は変わってないのに 
成約率が落ちてる・・・
 
なぜだ! 
何がダメなんだ!?
 
焦って 
ショップのトップページを闇雲に
イジってみたり。
 
この場合、 
ショップをいじっても
効果はあまり期待できません。 
 

 
ショップが売れない理由は
内部要因
外部要因
大きく2つに分かれます。 
 

 
順調に売れていて
ショップを特にいじったわけでもなく
突然売れなくなった時、 
 
ほぼ100%の確率で
理由は外部要因です。 
 
だからショップ(内部)に
要因を探しても見つかりません。 
 

 
外部要因っていろいろあって、
 
・競合の動向 
  
・シーズン、時期的なもの
 
・需要の変化  
 

 
【競合の動向】 
僕たちのショップは相対的に選ばれています。 
 
顧客は競合と比較した結果、
僕たちのショップを選んでいます。 
 
つまり
あなたのショップは
何も変わってなくても、 
競合の競争力が高まれば
相対的にあなたのショップは
弱くなります。

結果、売れなくなる。 
 
競合が価格を下げていたり、
品揃えが豊富になっていたり、
在庫をもっていたり、
サービス面を強化していたり、
デザインを改善していたり、 
 
独自ネットショップの
競合だけじゃなくて、 
楽天やBUYMAなど
プラットホームの競合も 
リサーチを継続する必要があります。 
 

 
また忘れがちなのが、
オフィシャルサイトや実店舗も
もちろん競合です。 
 
例えばセールの時期は
オフィシャルサイト、実店舗が
激安になります。 
 
するとあなたのショップは
相対的に弱くなります。
 

 
【シーズン、トレンドの需要の変化】
夏にダウンジャケットは売れないように、
シーズン的な要因はないか?
 
また、
今ガイガーカウンターは売れないように、 
トレンドによる需要の変化も 
要因として可能性があります。 
 
需要が落ちるということは、
その商材の検索回数が
減るということなので、
googleキーワードプランナーや 
googleトレンドで
その商材のキーワードの
需要をリサーチすると簡単に掴めます。 
 

 
外部要因って
対処できることとできないことが
あります。
 
例えばダウンジャケットは 
どうしても夏は売れません。 
 
ただ、
売れない理由さえわかっていれば
焦ることはないし、
対策も考えられます。 
 

 
突然売れなくなった時は 
焦りがちですが
冷静に一つ一つ外部要因を
探すのが一番の近道ですね(^^) 
 
 

【あとがき】 
ブラックコーヒーを飲む人って
シブいな、大人だな、
カッコいいなって憧れてました。
 
何度か挑戦しましたが、
やっぱ苦いだけやん。
全く美味しいと思えなくて
ダメでした。 
 
マレーシアに来てなぜか
ブラックのアイスコーヒーが
急に美味しいと感じるようになりました。 
  
ほぼ毎日アイスコーヒーを
ブラックで飲んでいます。 
 
突然大人になるもんですね。  
 
スタバのコーヒーっておいしいのかな?
アイスコーヒーを注文してみたら、
おいしかった!