利益率にこだわることって
ナンセンス!
利益なんか気にするな! 
 
という場合もあるよなーと
僕は考えています。 
  

 
ネットショップを構築する際、
利益率が低くて。。。
というご相談をよく受けます。 
 
僕がいつもする回答は、

=================== 
最初は利益率よりも
売上「金額」を上げることが再優先! 
=================== 
 
利益率は低くても、
まずは売上金額を上げることに
集中しましょう。
 
売上金額が上がれば、
利益率を上げることが簡単になります。 
 

 
モリの事例で話しますと、 
 
うちの一番稼ぎ頭のショップは 
粗利で40%あります。 
 
ばっくり言うと
3万円で仕入れた商品を
5万円で売ってるという感じ。 
 
最初から40%の利益率だったのか?
 
全然です。 
最初は15%程度の利益率から
スタートしています。  
 
38,000円で仕入れた商品を
45,000円で売るという感じでした。 
 
ショップ運営しながら
仕入値を20%下げて、
売値を10%上げたんです。 
 

 
運営を続けていると
顧客に対しても
仕入先に対しても
信用ができてきます。
 
すると、
高くても売れるようになるし
仕入も安くできるようになります。
 

 
まずは売上額を伸ばすと
当然それだけの仕入をしますよね。
 
そうすると、
仕入先から信用されるようになります。
仕入先からすれば上顧客です。
  
信用されたら
必ず交渉する余地が生まれます。
 
例えば、
「月に100万円買うから
ボリュームディスカウントして欲しい。  
 
あなたがディスカウントに応じてくれたら
私のビジネスは更に大きくなり
あなたとの取引額も更に大きくなる。 
 
他のショップにも見積もりを取っている。」 
 
なんて言ったら、
 
月100万円も買ってくれる太い客  
逃すわけにはいかない! 
と考えるほうが自然ですよね。 
 

 
交渉は最初から
ずーっと続けるべきなんですが、
最初はやはり信用がないから
交渉がうまくいく確率は低いです。 
  
一度実際に買うだけでも
相手の反応は一気に変わることが
あります。 
  
また、
メールなら無視だけど、
電話なら担当者に繋いでくれて
話が前に進むこともあります。 
 
先日のメルマガでも紹介した
海外に特化した
クラウドソーシングサイトの
ワークシフトなどで外国人の
電話交渉できる方を
1名確保しておくのはオススメです(^^)
 

 
最初から 
高い利益率にこだわると
身動きが取れないんですよね。 
 
売上を上げれば
一気に道が拓けます。 
 
だから
=================== 
最初は利益率よりも
売上「金額」を上げることが再優先! 
===================