ショップ運営の外注化を進める時
どうやって人を募集すればいいの?? 
最初にもつ疑問ですね。 
 
基本は 
クラウドソーシングサイトから
募集します。 
 
?クラウドソーシングとは?
インターネットを利用して
不特定多数の人に業務を発注したり、
受注者の募集を行うこと。 
  
メリット  
・依頼の相場が安い
・人材募集の手数料が安い 
・すぐに集まる 
 
デメリット 
・セキュリティ面のリスク
・仕事の質は低い傾向 
 
良い悪いはありますが
ショップの外注化を進めるにあたり
クラウドソーシングは必須です。 
 

 
サイトはググってみれば
何十とあります。
  
以下、
モリが使ったことのある
サイトをご紹介。
  

 
@SOHO 
 
一番利用しています。 
ほんと個人的な感覚ですが、
@SOHOがいい人に出会える確率が高い。 
募集について手数料もかかりません。 
(常駐スタッフの募集除く)  
 

 
ランサーズ 
 
コンペ方式といって
募集に対して提案を受けられるのが
ランサーズの特徴です。
 
例えば
僕が実際に依頼した内容で、
名刺デザインを依頼しました。
 
すると5名から
名刺デザイン案の提案があり  
実際にデザイン案を見てから
気に入ったのを選べて
選んだ方だけに報酬をお支払いします。  
 
コンペ形式に合う依頼は 
ランサーズがオススメですね。 
 

 
クラウドワークス 
 
機能的にはランサーズと
よく似てて比較されやすいサイトです。 
 
ランサーズの方が歴史が古く
案件数も多い。 
 
クラウドワークスの方が
成約手数料が安いし
操作性が高い。  
という評価が一般的。 
  

 
ウーマンクラウド  
 
最近僕のスクール内で
これが人気です。 
 
女性に特化したサイトで
子育て中の方や
海外在住の主婦の方などが
中心に登録しています。
 
すごくいい人に出会えた!
と口コミが広がり
周りで使ってる方増えてますね。 
   

 
あとは、
僕はまだ使ってないですが、 
仕事の内容によっては
ここで募集しようと考えてるサイト。 
  
ワークシフト  
 
海外に特化したサイトで
外国人の登録者数が1万人います。 
 
輸出入ビジネスしてると
海外とのやり取りは日常です。
 
英語で電話してほしかったり、
この表現は正しい??
チェックしてほしかったり。   
 
メールではダメでも
電話しただけで値引き交渉が 
うまく行くということは
多々あります。 
 
仕入れ代行も依頼できそう。
 
気軽に頼める外国人が
1名でもいるとありがたいですね。  
 

 
募集の文面もとても大事で、
この人と一緒に仕事したい! 
と思ってもらえる募集文面を
作るのが大事です。
 
しかも、
僕たちも一緒に仕事したい!
と思う人が反応する文面。 
  
これは2年前から試行錯誤していて
どんどん応募数が増えて
いい人と出会える確率が
高まってきました。
  
スクール内では僕の募集文面を
シェアしていて、
実践者からはこんな報告が。 
 
——————————-  
モリ式でライティング外注募集したら
いきなり4件の募集ありました。。
全員、素晴らしい方々です。
モリ式すばらしや。
森さん本当にありがとうございます。
  
——————————-  
昨日だけで募集を10件もらいました。
○○さんに紹介していただいた
ウーマンクラウドです。  
 
——————————- 
すごい、やる気がある人が多いです!
最終的には15人、
森さんの募集文章を参考にしたら集まりました。
 
リアルタイム実況としては、
10人は、商品登録を依頼
5人にはブログ作成を依頼しました。 
 
——————————-  
 
文面については
次の機会にします(^^)
 
 

 
【編集後記】 
マレーシアに来たんだから
娘は色んな人と関わらせたい。   
 
夫婦の意見が一致して 
10ヶ月の娘を保育園に
預けてみることにしました。 
 
保育園にあずける間、 
妻は近くの英会話教室に行くという。 
 
今日から保育園に預けてみます。 
 
このメルマガを書き終わったら、
準備して出発。 
 
どんな感じなるのかなー! 
 
うちの娘は今のところ
人見知りはなく誰にでも愛想いいので 
大丈夫だとは思うんだけど。 
 
すこし緊張します。