ネットショップスクール2期も
残り2ヶ月を切り
新しい取り組みを進めています。
 
それは、
 
【外注化】 
 

 
僕のスクールでは
売れるショップの構築だけじゃなく
そのショップの外注化までを
目標としています。
 
外注化して
自分の時間を作れたら
 
また新しいショップを構築して
また外注化して 
また新しいショップを・・・
と雪だるま式に
売上を増やせるからです。   
 

 
ただ、
よくある「ダメなパターン」があって、 
それは、
1店舗目が軌道に乗ってないのに
外注化もできてないのに
新しいショップを作ってしまうこと。 
 
どうしても新しい商材が
魅力的に感じ 
新しいショップを作りたく
なっちゃうんですね。 
 
ショップが軌道に
乗ってないってことは、
売れるショップを構築する
肝を掴めてないんです。 
 
それで2店舗目を作っても
新しいショップが
売れるわけないんです。 
 
そして
1店舗目を外注化できてないのに
2店舗目を構築すると
ほぼ100%、
1店舗目の運営がストップします。 
 
1店舗目に割く時間もないし、
気持ち的にも1店舗目への
情熱が薄れるんです。 
  
結果、
月数十万円レベルの
ショップが2店舗3店舗と増えて、
全然突き抜けない。 
 
このパターンに
ハマる方はほんと多くて、
これで突き抜けた人に
出会ったことがありません。  
 

 
どのタイミングで
外注化を進めていくかの  
僕の基準としては
 
月商100万円を超えた
もしくは  
月商100万円が見えた 
 
この2パターンが基本です。 
 
月収100万円を超えた時に
月5万円でも外注費に充てたら
かなり自分の時間が増えます。 
 

 
資金の余裕があるなら
商品登録など
単純作業は最初から
外注化してもいいです。 
 
受注対応も
ある程度テンプレ化できるので
わりと簡単に人に任せられます。 
 
ブログ記事は
集客と販売に繋がる書き方を
自身ができるのであれば
人に任せていってもいいですね。 
 

 
僕の場合、
商品登録って自分では
10個くらいしかしたことなくて、
最初は妻にお願いしてました。 
 

 
本日のまとめ!
 
ネットショップで売上を増やすのに
外注化は必須です。  
  
そして、
外注のタイミングは大事です。 
  

 
じゃ外注化って
具体的にどうやって進めていくの? 
 
また次の機会にシェアします(^^)
 

 
【あとがき】
マレーシアに来てみて
面白いところって
人種が多様なところ。
 
マレーシアの人口って 
65%がマレー系
25%が中華系
7%がインド系
3%がその他  
 
マレーシアの宗教って 
60%がイスラム教
20%が仏教
10%がキリスト教
6%がヒンドゥー教  
4%がその他 
  
インド人のおじさんに
娘が抱っこされてたり、
  
首にタトゥーの入った
バクテー屋のイカツイ姉ちゃんに
娘が遊んでもらってたり、
 
最近は
フィリピン人のベビーシッターさんに 
毎週来てもらってます。 
 

 
色んな肌の色や
色んな考えのある環境で
子供を育てたいなって 
思ってたので   
マレーシアの環境は
すばらしいと感じてます。
 

 
今日は朝から家族で
リトルインディアと呼ばれる
インド人街に遊びにいきました。
 
ほんと、
そこはインドなんですね! 
 
行き交う人やお店で売ってるのも
もちろんですが
そこのニオイや流れる音楽もインド!
 
インド旅行したことあるので
懐かしい気持ちになってました。
 
ただ、
やはりマレーシアなので
すごい治安がよかった♪
 
リトルインディアには
呼び込みもウソもボッタクリも
ありませんでした笑