先日、こんなご相談を受けました。  
相談者
「車を購入しましたが、動かないんです」
 
モリ 
「エンジンはかけましたか?」 
 

「かけました」 
 

「シフトをドライブに入れましたか?」
 

「それは今までやったことがないので、していません。
シフトをドライブに入れると
事故するかもしれないので抵抗があります」 
 

 
もちろんですが、
これは例え話です。 
 
車で例えると、
めちゃくちゃおかしな会話ですよね。 
 
でも
ビジネスになった途端 
当たり前でこんな会話が交わされています。 
 

 
車を購入した目的は
目的地に早く着くことですよね。 
 
車を使って目的地に早く着きたいなら、
シフトをドライブに入れて
アクセル踏むっきゃないです。  
 
別に車以外でも
目的地に早く着く方法はあるでしょう。 
 

 
そして、
「事故するかもしれないから抵抗がある」 
 
これは、
自分で車を運転する以外でも
事故する可能性はいくらでもあります。 
 
例えば 
タクシーでも事故するかも。
電車もそう、飛行機もそう、自転車でも徒歩でもそう。 
 
通り魔に合う可能性にフォーカスすれば、
車よりも徒歩の方が危険でしょう。 
 
 

たぶん人ってみんな、
はじめてのこと、慣れないことをする時、
その危険やデメリットにフォーカスしてしまうんです。 
 
で、結局
自分の経験や価値観で行動を選択して
目的に到達するための
最短ルートから外れてしまうんですよね。 
  

 
自分で車を運転する方が
目的地に早く到達することがわかっているけど、
それでも自分では運転したくない場合。 
 
他にも目的地に早く到達する手段はあります。 
 
でもその場合、
自分で車を運転するより、
目的地に到達するまでに
手間がかかるかもしれないし、
時間がかかるかもしれないし、
お金がかかるかもしれない。
 
知恵を働かす必要もありますね。 
 
 

ゴールへ到達するのに
効率的な手段であることを理解して、
そして事故する確率も考えて、
総合して冷静に選択することが
重要ですよね。 
 
感情で判断すると
ゴールを見失いがち。
というお話でした。 
 

 
人は 
今の環境は安全と思いがち。
未知の世界は危険と思いがち。 
 
人によっては
日本に住むこと自体が危険
という人もいますしね。
 
 

 
【編集後記】 
わかってるよ!
それでも車を運転するのはコワい。
抵抗がある。。。
 
その気持ちもわかるんです。 
それぞれの事情がありますから。  
 

 
僕、今週末から 
イタリアに行くんですね。
 
ピッティウオモという
メンズアパレル展示会に 
参加するためです。 
  
僕、イタリアにめちゃくちゃ
ビビってるんです。。。 
 
妻とか友達とかから、 
意味がわからん 
って言われるくらい心配性になっています。 
 
だって、
イタリアよりもっと危なそうな国に
今までがんがん行ってるやん。って。 
 
「ガーナ行ってマラリアなって
帰ってきたような人間が
今更なにをイタリアにビビってるん?」
と。  
 
イタリアにビビってるのには
やっぱ事情があって。
 
知り合いが
数年前に世界一周旅行の途中で
ミラノに立ち寄りました。 
 
ミラノに着いた初日というか、
到着して数分で
強盗に襲われボコボコにされ、
鼻の骨を折られ、
荷物を全て奪われました。 
 
血まみれで
日本大使館に駆け込み、 
そこで世界一周旅行は終わりました。  
 
もちろん、
その知り合いはレアケースでしょう。 
 
その時間や場所など
リスクが高い状況ではあったし、
回避はできたかもしれません。 
 
それでも、
実際にそんな目にあった人の
生の話を聞くと、
ビビっちゃうもんですね(^^;;) 
 
たぶん行ってみたら
なんてことないんでしょう!
行ってきます♪