ネットショップを作ってオープンした。
早く売上を立てたい! 
そんな時どうするか。
   
 

「何を売るかまず絞り込む」
すると最初の売上を立てやすいですね。
 

 
何を売るかを決める際、
需要がある商品(検索されているキーワード) 
を選ぶことが前提です。
 
需要のない商品だと
当然、売れにくいです。 
 
 

 
何を売るか決めたら、
それに特化して、
集客から販売までの流れを構築します。
 
 

 
どうやって集客するか?
 
例えば、
バーバリーのコートに絞って売るなら
「バーバリー コート」で検索する人に
絞って集客します。 
 

 
「バーバリー コート」で
SEO対策して自然検索で
商品ページ(もしくはカテゴリページ)に集客
 

 
「バーバリー コート」に
関連するキーワードで
広告出稿して商品ページ(もしくはカテゴリページ)に集客
 

 
「バーバリー コート」で
ブログをいくつも書きブログに集客
 
 

ブログを書く際は、
バーバリーコートの購買意欲の高い人が
検索するキーワードと組み合わせて
たくさんブログを書きます。
 

 
購入:通販、販売、ショップ、ネットショップ、店舗
属性:メンズ、レディース、キッズ、大きめ、細め、
用途:ギフト、プレゼント、ビジネス、カジュアル
機能:防寒、防水、厚手、
季節:春、夏モノ、秋の、冬用、暖かい、厚手
素材:レザー、コットン、ウール、 
色:ブラック、ベージュ、黒、 
不安:サイズ、着用感、袖丈、裾丈、偽物、 
 
 

これらのキーワードと組み合わせて 
顧客が購入前に知りたいことや不安なことを
情報発信するのです。 
 

 
購買意欲の高いキーワードと組み合わせると、
「バーバリー コート」でブログなんて
いくつも書けないよ- 
なんてことはないですよね(^^)    
 

このように、
バーバリーのコートに絞って
まずは集客の入口を広げます。 
 

 
理想は、 
バーバリーのコートが欲しい人が 
検索するあらゆるキーワード
「バーバリー+コート+○○」 
 
ここで自分のショップか、ブログか、広告を
検索1ページ目の上位に表示させます。 
 

 
じゃ、 
購買意欲の高い顧客に見つけてもらえるんですね。
 
 

 
上記は集客だけの話。
これだけじゃ売れません。 
 

  
潜在顧客に見つけてもらって、
成約まで繋げる流れを作って
はじめて売れるのです。
 

 
それが、
先日発信したこの話に繋がります(^^)
「ネットショップの成約率を上げるたった1つの意識」 
 
 

 
 
スクールを運営していて、 
早くに結果を出す人は 
やっぱり売るものを絞り施策を打ってます。
  

あれもこれも売りたいな。売れるかな?
では少し遠回りな気がしますね。 
 
 

 
【編集後記1】 
先日の子育てネタメインのメルマガ、 
励ましのお言葉たくさんいただきました!
 
ありがとうございました!
 

 
自分に子供ができて 
世のお母さんお父さんを
ほんと尊敬するようになりました。
 

 
「子育てしながら物販してます」 
という主婦の方にはよく出会います。
  
いま運営しているスクールでも
主婦の方は多いですしね。 
 

 
「大変なのにすごいですね!」  
とは言ってました。 
 
 

でも、、、
どれだけ大変かは
全くわかってませんでした。 
 

  
「子供の世話に時間がかかって…」 
となかなか作業が進まない方は多いです。 
 

 
「そうですよね、ゆっくりでいいので
少しずつでも前進しましょう」 
と共感はしてましたが、 
 
「言い訳してもお金稼げないよ」 
とどこかで冷たく思ってました。 
 

 
確かに言い訳しても何も進まないです。
 
 

でも、
僕が子供の世話を一手に担うとしたら、
ビジネスしようという発想すらでないですね。 
  
そんなエネルギーがあるだけで 
ほんとすごいです。 
 

 
子育てしながら
すごい作業スピードの方も
僕のスクールに実際にいます。 
 
あの人達のエネルギーは
僕とは異次元なんだと気付きました。 
 
 

 
【編集後記2】 
妻の謎の膝痛、
8割ほど回復しました!
 
仕事仲間が紹介してくださった 
整体に連れて行ったんです。
 
「一発で直してくれる整体」
という紹介でした。
 
半信半疑ながらも、
藁にもすがる思いで行ったら、、、

行きは松葉杖ついてたのに、
帰りは普通に歩いて帰れるほどに。
 

 
ここです。
香里脊椎矯正院  
  
 
病院の整形外科に2回行っても
全く原因わからなかったのに。
 

 
整体ってすげぇ、、、
あの先生まじすげぇ、、、  
 
ついでに2分くらいで僕の肩こり治してくれました。 
帰り和菓子の手土産までいただきました。
  
僕もいっぱい人に紹介しようと思いました。 
 
口コミってこうやって広まるんだなー