最近、
BUYMAのリサーチツールで色々調べてて、
わかったことが2つありまして
 
 
 
まず1つは 
BUYMAとネットショップでは 
売筋が結構変わるということ。
 
 
 
全く違うわけではないんです。 
売れてる商品は同じ。 
 

 
ただ、
BUYMAには安物買いを求める顧客が
集まりやすい傾向があると思います。
 
 
 
僕が運営するあるショップ、
売上の95%を単価5万円の商品が占めます。
ダントツの売筋です。 
 
でも、
BUYMAを見ていると、
5万円の商品の売上構成は半分くらい。
 

 
残り半分は、
15,000円前後の安いラインが売れてるのです。
 
僕のショップでは、
この安いラインはほとんど売れてない。 
在庫を持ってないのも
理由の1つにあるかもしれませんが。
 
 
 
独自ネットショップは、 
プラットホーム販売よりも 
単価の高い商品が売れやすい傾向にあるかと。
 

 
もちろん、
そんな顧客層を狙ってのショップ作りが
大前提ですが。
 
 

 
2つ目は、 
BUYMAで全然売れてなくても
売れる商材ってたくさんある。
ということ。
 
 
 
僕の商材選定の基準として、 
アパレルならBUYMAで
ブランドランキング50-300位というのを 
提案しています。
 

 
この範囲に入るブランドなら、
有名すぎずニッチすぎず、
確実に需要のあるブランドです。
  
それは間違いありません。
 
  

じゃ、 
この300位以下だったら全く売れないのか??
そんなことありません。
 

 
僕が運営するあるショップ、 
BUYMAではブランドランキング600位台です。
ほとんど売れてないんです。 

 
 
でも、
僕のショップは毎月100万-150万円は 
安定的に売れています。
 

 
BUYMAのランキングが低いからって 
諦めることありませんね。
 
 

 
 
僕が需要をみるのに 
一番重要視しているのは、
やはりgoogleの検索ボリュームですね。 
 
 
 
だからといって、  
検索ボリュームが「絶対」ではありません。
 

 
単純に検索されている数だけで 
需要を100%読み取れるわけありませんね。 
  
あくまでも目安です。 
  
 
 
需要は常に変化します。
 
今需要があっても、
来月には一気に落ちる商材もあれば、
逆に来月めちゃ売れる商材もあるでしょう。
(シーズン性、トレンド性の強い商材) 
 
 

 
やはり、 
実店舗で話を聞いてみるとか、
雑誌を読むとか、 
ネットで得られる情報以外を
積極的に取りに行くことで
需要って多面的に分析できるんじゃないかなーと。
 
 

 
あとやっぱ結局、 
商材は最終的にはえいやーで決めちゃわないと
絶対に前に進めないということ。
 
 

既に販売した実績のある商材ならいいですが、
売ったことのないものが売れるかどうか、
どれだけ分析したとこで確証はありません。  
 
分析は売れる確率を上げるだけです。 
 
  
 
特に初めてネットショップを作る場合は
不安でしょう。

 
 
 
僕は、
商材を決めるときは頭をバカにします。
「これは確実に売れる」と思い込むんです。
 

 
もちろんそれでも何度も失敗してきました。
 
 

 
ただ、
「これは確実に売れる」と思い込んでショップ作りをするのと、
「これ、売れるかな」と不安ながらショップ作りをするのでは、 
 
どっちがいいショップができるかなー?と考えた時、
絶対に前者だと思います。 
 
 

万が一、
その商材が全然売れなかったからって
大きな大きな経験値を得てますよね。
 

 
今まで全く作れなかった
ネットショップを作れるように
なったんですよ! 
 

 
すごい進歩ですよね。
 
 

もっと気軽に考えていいんじゃないですかねー(^^)