WEBセミナーやスカイプ相談をしていて、
「アパレルは苦手なので自分にできるかどうか、、、」
というご相談をよく受けます。
 
ネットショップの商材はアパレルだけじゃありません。
  

 
僕はアパレルが得意なので
アパレルばかり扱っているだけで 
商材はアパレル以外でもいくらでもあります。
 
 

例えば、
僕がちょくちょく発信してた乗馬具。 
 
価格差があることは知りながら
でも僕は馬に興味がないので諦めました。
 
なぜ諦めたかというと、 
「乗馬具についてリサーチする情熱がないから」 
 

逆に、
馬に興味があったら、 
乗馬具はすごいチャンスなんです。
 
ただ、
これから乗馬具を扱うのは
ちょっと止めておいた方がいいかも。。。
 
 
 
今回松コースに入られた方が 
競走馬の世界で10年以上仕事をしてきた方で
乗馬具でネットショップやる気満々です。
 
しかも輸出入ビジネスの経験も豊富で、
既にたくさん稼いでらっしゃる。 
 
この方には、
知識、経験、ストーリー、信頼度、 
ちょっと敵わないんじゃないかなーと思います。  
 
  
 

 
何が言いたいかというと、
あなたの過去の経験は必ず活かされます。
 
 

あまり興味のないアパレルにこだわる必要は全くなく、
興味のあるもの、
得意なこと、
少なくともリサーチしていて苦じゃないもの。
 
 
 
僕だって、
別にアパレルがめっちゃ好きなわけじゃないです。
 
アパレルメーカーに勤めていたから、 
最低限の知識はあります。
 
でも熱心な会社員ではなかったので
アパレル業界にあまり詳しくはありません。  
(アパレルといっても、ちょっと特殊なアパレルですしね) 
 
 

ただただ、
昔からファッション雑誌は継続的にチェックしているし、
セレクトショップなどにも定期的に通います。 
 
ショッピングが趣味なわけではないです。
服を買うのが日常なんです。
 

 
その経験が今、
アパレル商材を選んだり売ったりするのに活かされています。 
 
自分がずっとセレクトショップや通販で
服を買ってきたから、
消費者としての通販の不安な気持ちがわかる。
 
 

ブログを定期的に更新する、
文章を書くことに抵抗がないのも、
前の仕事で、毎日メールを書いていたからです。
 
前の会社では、
実店舗にいる販売員さんの労務管理のような仕事をしていて、
ひとつの課で130名くらいの販売員さんを担当します。
 
130名に毎日、
店舗の売上状況や会社の指示事項を発信していました。
 

でも、
事務的なメールだけだと、
だれも読んでくれないんです。。。
 
しかも若手の僕が発信する指示事項、
全員が素直にきいてくれるわけでもありません。
 

立場上、僕は販売員さんに指示をするのですが、 
当時の僕は若手で販売員さんはみんな年上、 
頭ごなしに「読め!」「やれ!」では反感を買います。 
そもそも言うこと聞いてもらえません。 
 
 

どうやったらこのメールを開いてくれるだろう? 
どうやったら読み進めてくれるだろう? 
どうやったら、指示をきいてやろうという気になるだろう? 
 

 
タイトルで興味を惹けば、
とりあえずはメールを開いてくれるんじゃないか? 
 

 
冒頭に、
なんかクスッと笑えるくらいの小話を入れたら 
読み進めてくれるのでは? 
 

 
ただただ指示するんじゃなくて、
「この指示を実行すれば、こんないいことが待っている」 
と将来の幸せを提示すれば自然とやってくれるのでは? 
 
 

そんなことを考えながら、
5年半くらい、毎日メールを書いていました。
  
要は5年半、
平日はほぼ毎日メルマガを書いていたようなもんなんです。 
 
 

その時は嫌で嫌で、
めんどくさくて仕方のなかった 
販売員さんへのメールが、
今の商売に活きています。
 
 

 
幼少期から学生の時に好き・得意だったこと 
 
過去の仕事から知識・経験を積んだこと 
 
日常的に買い物をしているもの 
 
いま時間を使っている趣味
 
知識を深めたい、興味があるもの 
 
必ずあるはずです。
 
 

 
「自分には趣味も特技もこだわりもないから・・・」 
 
「自分の経験は必ず活きる!」 
 
この違いだけで、
未来は大きく変わるものだと思います。 
 
 

 
例えば僕は、 
ネイバーで習慣的にリサーチします。
ネイバーの情報からかなりお金に繋がっていると思います。 
 
でもネイバーを見る動機は、
ネイバーを見るのがただ好きなんです。
 
ネイバーで「2ch 質問ある」とかで検索して、
仕事もせず夜中までネイバー見まくって  
 
なんて無駄な時間を過ごしてしまったんだ。。。と 
自己嫌悪になるくらい笑
 

 
でも、
自己嫌悪になるくらい没頭できることに
お金の種はあるもんなんだと思うんですよね。   
 
だから、
今夜も僕は夜中までネイバーを見ます(^^)
 
 

 
【編集後記】  
今日は融資の面談で、
日本政策金融公庫にいってきました!
 
1時間半みっちり、質問されっぱなしです。
  
へぇー、こんな感じで面談って進むんだ。
 
えぇ、妻の預金通帳まで見るの。。。
 
えっ、税理士さんのアドバイスと全然違うじゃん。。。 
 
 

いい経験になりました♪  
 
さて融資は受けられるのか!?
11月末までにお返事をもらえるとのことですー。