先日、
大好きなネイバー見てたらこんな記事がありました。
http://matome.naver.jp/odai/2141517687778915901
 

 
その内こうなるだろうとは思ってましたが
こんなに早く進んでるのか!!
 
 

めっちゃ焦りますねー!! 
 
僕は並行輸入の未来を悲観しています。 
 
絶対にこの2,3年で 
日本人が海外から個人輸入しやすい環境が整います。 
 
  

翻訳サービスであったり、
保障関係であったり、
物流サービスであったり、
 
海外のショップも日本語対応したり、
日本への直送に対応したり
どんどん進めていってますね。 
 
  

 
日本人は海外アレルギーだから 
海外からの買い物を怖がります。
  

 
だから僕らみたいな並行輸入業者が 
代わりに輸入することで儲けさせてもらってるのですね。 
 
  

今はたくさん、簡単に稼げます。 
 
でも、
日本人が個人輸入しやすい環境が整ってくれば、
まずプラットホーム販売から稼ぎにくくなるんじゃないかと。
 
基本的には価格競争でしか戦えないですからね。 
  

 
たぶん、
プラットホーム販売は強者の一人勝ちになっていくんじゃないかな。
圧倒的な資金力で安く仕入れられる強者だけ。
  
ちょっと極端に言ってますが、
並行輸入が稼ぎにくくなるのは間違いないと思います。 
 
  

だから、
価格競争に巻き込まれない
マーケティングスキルを磨かないといけないんです。 
  

 
そう考えて、
僕はネットショップのスキルを磨いてきました。
  
  

独自ネットショップで稼げるようになれば、 
自分で集客ができて、
自分で商品に付加価値をつけられて、 
高くても売れるスキルが身に付きます。
 
インバウンドマーケティングですね。 
(僕のメルマガ読んでくださってたら説明不要ですよね) 
  

 
このスキルは、
インターネットビジネスなんにでも応用できるのです。
 
仕事の幅がいくらでも広がります。
 
  

来月10万円稼ぎたいなら、
ヤフオク・Amazon・バイマといった
プラットホーム販売がいいです。
 
今は簡単に稼げますから。 
  

 
でも、
2年先、3年先も稼ぎ続けたいなら 
インバウンドマーケティングを
ものにしないと稼ぎ続けられないと確信しています。
 
  

インバウンドマーケティングを使って稼ぎやすいのは 
並行輸入ブランドの独自ネットショップです。 
 
商品には既に価値と需要がある。
ショップの価値を上げるだけで売れるんです。
 
  

まずは並行輸入のネットショップで稼ぎ
応用がきくスキルを身につけて、
やりたいビジネスを突き詰めていけばいいんじゃないかなーと。
 
  

 
あなたを焦らすつもりはないですが、 
僕はいつも焦ってますw
 
 
  

 
僕はこれから並行輸入のネットショップを
作り続ける気はあまりありません。 
 
新しいステージに挑戦していきます。 
来年は輸出のネットショップで月商数百万目指すぞ!
  

僕がこれから挑戦することは、
日本のモノづくりを世界に発信していくことです。 
(今も少しずつはじめてるんだけど、まだ大した実績になってない) 
 
 
 
親父の紹介でモノづくりをする中小企業の社長とよく会います。
中小企業はほんとに儲けてない。
親会社、小売業者に買い叩かれまくりです。
 
中小企業が直接海外に発信できる環境づくり、
支援が2020年までの僕のミッションです。 
  
  

 
だからこそ、
僕のノウハウをがんがん提供できるし、
自分のショップも見せることができるし、
どんどん真似して!って本気で思っています。
 
それで稼げる人が増えてくれたら、
僕にまた返ってくると思ってますから。
 
  

 
そんな感じで、 
入塾に迷ってましたら、入った方がいいのではないかとー♪ 
って僕が言うといやらしいですけどね笑
 
申し込みの締切は11月12日(水)24時までです。
 
  

「11/8 モリ式愛されるネットショップ構築術スペシャルWEBセミナー」
  
  


「11/9 モリ式愛されるネットショップ構築塾の質問に動画で回答」

 

 
「モリ式愛されるネットショップ構築塾募集ページ」  
 
 

 
【編集後記】 
今日は東京に来ています。 
先日言ってた、○○さんとの対談の撮影のためです。 
 
すごく盛り上がったし、 
いい感じに話引き出してくださいましたよー!
リードが上手なのでぺろぺろ喋れました。
さすがです。
 
近日中に公開されるんじゃないかと。
楽しみ!