今回から
「ブログからネットショップに集客する方法」
を具体的にお話していきます。

【本日のお題目】
1.キーワードの選定
2.見つけてもらうブログネタの発想法


1.キーワードの選定

新製品情報をただ発信しても、
セール情報をただ発信しても、
集客には繋がりません。

集客が目的のブログを書く際に
まず決めることは

「何のキーワードで検索する人にそのブログを見つけてほしいのか」

顧客が何かを知りたくて、
何らかのキーワードで検索しているのです。

そこに、
顧客が知りたい情報を発信しておき
見つけてもらうのです。


キーワード選定は感覚ではなく
googleのデータを参考にします。

ここでまた、SEO対策でご紹介した
キーワードプランナーを見てみます。


トリーバーチの関連検索ワードを見ると
(数字はボリューム)

財布 27100
靴 8100
バッグ 12100
店舗 5400
サンダル 2900
などなど

財布は検索ボリュームが大きいので、
激戦区ではありますが需要は大きいと
いうことです。



「トリーバーチ 財布」だけでは
財布について何をブログを書けばいいか
まだわかりませんよね。

ボリュームが大きい検索ワードは
激戦区であるのと同時に、
ロングテールのキーワードも
その分多いということです。


ロングテールのワードを探っていきましょう。

次は「トリーバーチ 財布」で
関連検索ワードを探してみます。

新作 590
偽物 480
激安 720
本物 210
人気 260
ピンク 170

このように関連キーワードを見て、
顧客は何が知りたいのか?
イメージを膨らませていきます。



まずは、
一番ボリュームの大きい「新作」

「トリーバーチ 財布 新作」で
更に関連検索ワードを見ると
2014、2013などがでてきます。

これから狙うなら「2015」ですね!
新作情報をいち早く仕入れて
2015年の新作情報を発信しておけば、
新作を欲しがる人の需要を囲いこめるかも。

実際、
僕のパートナーはあるアウトドアブランドで
「ブランド名 2014」のキーワードで検索1位を取って
新作情報のブログだけで一日200人以上は
集客していました。



このように、
潜在顧客が何を検索しているか??のネタ探しは
キーワードプランナーがボリュームまで見れて
一番参考になります。


他には、
googleで通常検索すると、
・検索バーに予測関連検索ワード
・検索ページ下部に関連キーワード
が表示されます。

それもgoogleがデータを基に
表示しているものです。
キーワードプランナーとは
少し違ったワードが出たりしますので、
僕は必ず参考にしています。




2.見つけてもらうブログネタの発想法

キーワード選定の次は、
この見つけたキーワードのネタから、
どうやって「購入意欲の高い顧客」に
見つけてもらうブログを書くか?

ここについて説明していきます!


例えば・・・

「トリーバーチ 財布 偽物」で
関連検索ワードを調べると
「見分け方」がでてきますよね。

偽物が多く流通しているブランドでは
見分け方コンテンツは必ず作ることを
オススメします。



しかも、
!どこよりも詳しくわかりやすく!


見分け方を作ることのメリットは、
自身のショップが本物の証明だという
信頼アップに繋がるのはもちろん、

偽物との見分け方を検索するということは、
「ネットで購入する」意欲がかなり高いのです。

購入意欲が高い顧客に見つけてもらうのに
すごく相性のいいコンテンツなんですね♪



このように、
キーワードプランナーから見つけたネタから
「購入意欲の高い顧客に見つけてもらうコンテンツ」
に仕上げることが次のステップです。

購入意欲が高い
→通販で買おうと思って色々調べてる

ということですね。



つまり、
見つけたキーワードのリストから
顧客が通販で買う前に調べる
・知りたいこと
・不安なこと
を解決するコンテンツを作っていくのですね。

ロングテールのキーワードを狙い発信していきます。


トリーバーチの新作財布を買いたい人は
何が知りたいか??

・サイズ感は?(縦・横・厚さ)
・小銭入れの容量は?
・カードは何枚入る?
・お札と領収書は分けられる?
・(素材によって)手入れの方法は?

財布って使い勝手の好みはそれぞれです。



たとえば僕なら、
分厚い財布は苦手で、
小銭入れは浅く広いのがいい…など。

でもその場合、
「トリーバーチ 財布 新作 使い勝手」
では検索しませんよね。

例えば
「トリーバーチ 財布 2014新作 サイズ」
とかで検索するでしょう。

そこに
「トリーバーチ財布の2014新作を徹底解剖!サイズ感で失敗したくない方へ」
というタイトルのブログがあれば、、、

クリックしますよね!!


商品画像はできるだけ詳しいものを
用意する方がもちろん信頼は上がります。

その画像を商品詳細ページで使うだけでなく、
どんどんブログコンテンツにして
アップしていくといいですね(^^)




次回は
ブログ集客「ストック型」と「フロー型」の使い分け

このテーマでお話します!